ヨーロッパ向けフィットは6速MTが基本

ヨーロッパ向けフィットは6速MTが基本

ホンダがヨーロッパで発売するジャズ(日本名はフィット)ですが、エンジンは1.3L、トランスミッションはCVTと6速ATとなります。

 

日本では1.5Lがありますが、あちらでは売られないそうです。まぁ、1.3Lを売るなら1.5Lとの違いはほぼありませんからね。

 

ちなみに、日本で売られているフィットではスポーティーモデルとなる「RS」のみに6速MTが設定されていますが、ヨーロッパでは1.3L+6速MTが基本になるそうです。ヨーロッパはもともとMTの比率が高いみたいで、昔聞いたところによるとヨーロッパでは「ATに乗るのは障害者くらいだ」みたいなことが言われているそうです(結構前の話なので今はどうか知りません)。

 

それだけMTが多いということですね。

 

アメリカは逆にATが主流なので、売るとしたらAT(CVT)が主流になりそうです。

 

そういえば、ヨーロッパ向けの車に搭載しているCVTは、MTでシフトチェンジしたかのようなショックがわざと起きるようなセッティングをしているとのこと。

 

あちらの人に言わせると、CVT特有のショックのない滑らかな加速は気持ち悪いみたいです。

 

日本人の感覚でいくとショックのない滑らかな加速がCVTのメリットなのですが、こういったところに出てくるお国柄も面白いですね。