日本仕様と海外仕様

日本仕様と海外仕様

同じ車でも日本国内と海外で車名を変えることはよくありますが、ホンダのヴェゼルも海外ではHR-Vの名前で売られるそうです。

 

HR-Vって個人的に好きだったので覚えていますが、ちょうど今どきの小型SUVを先取りしたような形だったと思います。

 

コンパクトで車高が高めだけど、高すぎないといった感じかな。

 

アメリカだとヴェゼルって小さすぎて売れないのでは?と疑問に思いますが、ヨーロッパではちょうど良さそうなサイズっぽですね。

 

もともとヨーロッパの自動車メーカーも小型車は多く作っているので、サイズ的には違和感ないと思います。

 

ホンダのシビックにいたっては、ヨーロッパでは売られているのに日本では売られていないという状況ですしね。

 

また、名前だけでなくエンジンもヨーロッパ仕様に変更されるそうですが、一番の違いはディーゼルエンジンが設定されることです。

 

同じくホンダのCR-Vも2015年モデルからディーゼルエンジンモデルが用意されるみたいですが、ヴェゼルもディーゼルエンジンを搭載するなら日本でも売れそうな気がします。

 

ただ、日本国内だとトヨタに対抗するためにも、ハイブリッドで攻めたとうい気持ちもわかります。

 

マツダ以外のメーカーって海外ではディーゼルエンジンモデルを売っているところが結構あるのに、日本国内では売っていないところばかりです。

 

やっぱりこれも日本だとハイブリッドのほうが受けがいいからでしょうか?