NSXとS600とS1000

NSXとS600とS1000

ホンダといえばF1のおかげで一昔前はスポーツカーのイメージが強かったですね。

 

とはいっても実際に見てみると、目立つのはNSXとS2000くらいでしょうか。

 

最近だとCR-Zもスポーツカーに入るのかな。

 

現在は純粋なスポーツカーと呼べる車を売っていないホンダですが、公になっているものでは新型のNSXとその弟分のようなS660がスタンバイしています。

 

S660はその数字が示すとおり軽自動車ですが、見た目は完全にNSXの小型版といった感じでなかなかのデザインとなっています。

 

そして噂レベルですが、1.0Lエンジンを搭載したS1000もあるという話です。頭にSがつくという点では、すでに廃版になっているS2000の系統になります。

 

S1000が出てくると、そのボディサイズやエンジン出力でいくと2015年に発売予定の新型ロードスターと真っ向勝負になりそうです。

 

価格と性能が似たようなものだったら、あとは完全に好みの問題です。

 

S660については完全にコペンと競合します。

 

価格帯も近くなりそうだし、駆動方式がコペンのFFに対して、S660はMRなのでこちらも完全に好みの問題です。

 

あと、軽自動車の自主規制であるエンジン出力64馬力も撤廃されるのでは?と噂されているようです。

 

なんでも100馬力出してくるとのことですが、軽自動車で100馬力もあったら完全な別世界が見えそうな気がします。

 

是非ともホンダには頑張って100馬力の力を持つS660を出してほしいです。