リコールの繰り返し

リコールの繰り返し

トヨタに引き続きハイブリッド車を出したホンダですが、先代のフィットではいまいち燃費が伸びずトヨタのアクアと良い勝負するまでに至らなかった感じです。

 

それと、どうもプリウスのおかげでモーター(だけ)で走るのがハイブリッドだというイメージがついてしまった感がありますね。

 

2013年に発売した新しいフィットと新型SUVのヴェゼルではDCTと呼ばれるトランスミッションを採用し、また1速はモーターのみで走行するということも手伝ってか燃費もかなり良くなってアクアと勝負できる車になったと思います。

 

ところが、このDCTがネックとなったのかフィットとヴェゼルのハイブリッドモデルだけで何度もリコールすることになってしまいました。

 

最初のリコールは発売直後ということもあって、ディーラーなど営業の現場では納期に関するクレームもあったのではないかと思います。

 

その後も忘れた頃にリコールする感じで何度かリコールが行われましたが、ほとんどDCT絡みだったように記憶しています。

 

覚えているだけで4回はリコールしていますね。

 

ホンダがDCTを採用したのはフィットとヴェゼルのハイブリッドモデルが最初になりますが、やはり経験のない機器を使うにはいろいろな面で足りないところがあったのでしょう。

 

それに比べるとトヨタのプリウスやアクアのハイブリッドシステムはかなり熟練しているでしょうから、経験という面ではトヨタがどうしても優勢になってしまいますね。

 

代わりにホンダとしてはDCTを使ったハイブリッドシステムの経験・技術が蓄積されていけば、マイナーチェンジで燃費の向上を図ることも出来ると思います。