ホンダS660は100馬力?

ホンダS660は100馬力?

最近の若者は知らないかもしれませんが、日本の自動車メーカーは過去に自主規制という形でどんなエンジンでも最大出力は280馬力までとなっていました。

 

自主規制といっても実際は許認可権を持つ国の規制みたいなものだったと思いますが、これは今では無くなっています。

 

もともと国産車にしか適用していなかったので、輸入車は関係なかったですしね。

 

ところが、軽自動車の自主規制である最大出力64馬力は今でも残っています。

 

最近、ケータハムの輸入車が軽自動車の規格でありながら、エンジンの最大出力が80馬力ということで話題になりました。

 

そして、ホンダが来年の発売を予定しているS660という軽自動車では、自主規制64馬力を撤廃するのではないかと噂されているそうです。

 

販売台数は少ないといえ前述のケータハムがすでに64馬力を超えていますし、今でもチューニングで64馬力を超えた軽自動車は珍しくありませんから、64馬力という規制値が意味を持つのかどうかは怪しいです。

 

噂ではS660は100馬力を狙ってくるらしいのですが、100馬力といったちょっとしたコンパクトカー並の出力なので、軽自動車のボディに100馬力もあれば(トルクも重要ですが)かなり速い自動車になります。

 

上手に運転すれば峠でちょっとしたスポーツカーに負けない走りも出来るでしょう。

 

S660の発表が待ち遠しいですが、規制が変わらず最大出力64馬力のままでも楽しい車になると思います。